Manny-san留学日記 ~イギリス留学~

Pre-master@INTO London→MBA@Edinburgh Napier University (現在) 日々のことを書いていきます

映画館 in the UK

初めてイギリスで映画館に行きました。

その時のことをチラッとレポート。

 

1か月くらい前にスパイダーマンを観にいきました!

 

映画館は近所の「Dominion Theatre」といい、少しこじんまりした所です。

www.nederlander.co.uk

 

そこで日本の映画館との違いがいくつかあったので、紹介します。

 

・映画館の雰囲気がおしゃれすぎる

そこの映画館特有かもしれませんが、内装がオペラ座のようでした。

f:id:Manny-san:20220313190447j:plain

床が絨毯、照明はちょい暗め、壁はワインレッド+著名な俳優が来た時の写真(世界的に有名な俳優)

 

・映画館の席が全てソファ席

これはここの映画館特有かもしれません。ソファ席でしたが、金額は高くありませんでした。12ポンドくらい (2000円弱)。

 

・映画が終わった瞬間皆しゃべりだす

日本では余韻に浸りますが、終わった瞬間ガヤガヤしだして驚きました。

 

・エンドロールの途中に帰る人多数

半分以上の人たちがエンドロールの途中で帰りました。

上記に書いたように、日本人は余韻に浸りたい人が多いんですね。

あと音楽とかも楽しんでいるのかもしれませんね。

 

・飲み物やポップコーンは自分で片付けず、そのまま

海外ではレストランでも飲み物・食べ物を自分で片付けませんが、映画館でも同様です。

もちろん出入口にゴミ箱は置いてありませんでした。

 

また映画観にいこう😊

誕生日で感じた一年間の成長

先日、無事誕生日を迎え、ますます30代に近づきました😂

ちょうど一年前を思い出し、成長を感じたことがあったので日記にしました。

 

一年前はタイトルのように最悪な誕生日でした…↓

manny-san.hatenablog.com

 

一年前の記事にある一つ目は「講義についていくのが大変」。

今振り返ると、当時のPre-masterコースの講義は今のMasterよりも易しく、また先生が気を遣って英語をゆっくり話してくれていました。

もし今Pre-masterコースの講義を受けると、易しい講義と感じると思います。

英語での専門授業に慣れた証ですね!!!

 

二つ目は「一人ぼっち」。

昨年はパンデミックで、スーパー以外の沢山の施設が閉じていました。

ワクチンもまだ無かったので、どこにも出ることができませんでした。

しかし今年は違いました!

クラスメートと寮の友達3人にお祝いしてもらいました😊

当日はクラスメートに日本料理を作ってもらいました!

そして次の日は寮の友達にスペイン料理に行き、また壁をデコレーションしてくれました!

f:id:Manny-san:20220128050822j:plain

 

一年に一日の特別な日✨

ただの誕生日ではなく、一年間の成長を実感できた、幸せな誕生日を迎えることができました🥰

コロナ感染から感じた日本とイギリスの違い

年末年始にコロナに感染したことを、前回ブログで書きました。

是非ご覧ください。

manny-san.hatenablog.com

 

そのコロナ感染を通して気付いた、イギリスと日本の違いがいくつかありましたので、紹介します。

f:id:Manny-san:20220120100350j:plain

 

PCRテストの会場

日本の場合(友人から聞いた話):

PCRを受ける人は椅子に座り、医者が綿棒で鼻の穴に入れ粘膜をこすります。

 

イギリスの場合:

密封になった袋を受け取り、ブースに案内されます。

ブースには机と椅子と手鏡が置かれており、医者はいないため、完全に一人の状態です。

自分で検体を採取し、瓶に入れて提出して完了です。

イギリス在住者は、定期的にRapid testを行っているため、方法は分かっています。

検査数が日本よりかなり多いですが、自分たちで作業するのなら、医者の負担がかなり少ないし、沢山の人の数をさばけますね!

 

最近の行動記録について

日本の場合:

PCR検査の会場で、医者が聞き取りを行います。

 

イギリスの場合:

Rapid testで陽性を報告した段階で、行動記録を報告するフォームがメールで送られてきます。

私の場合なぜかメールが来なかったため電話で問い合わせ、次の日電話で聞き取りがありました。

実は前日に美術館に行ったり、外でご飯を食べたのですが、その詳細は聞かれませんでした。

尋ねられた内容:大学名・最後に大学に行った日・同居人有無+名前+連絡先・PCR検査を自分から他の人に依頼したかどうか

詳細はそこまで聞かれませんでした。(適当すぎる?)

 

隔離中

日本の場合:

保健所から、体調の確認の電話が来ます。

頻度は分からないです。誰か教えてください🙄

 

イギリスの場合:

全く連絡が来ません。

陽性1日目の時点で、メールに「こちらからは何も連絡しません。何か連絡したければこちらまで(電話番号)」と明記されていました。

ここまでノータッチなんだと驚きました!

 

 

全体的に言えることは、医者やNHS(保健所のような機関)の負担が非常に少ないです。2020年の新型コロナ発生初期はどうだったのかは分かりませんが、現時点の日本とイギリスの対応の差は歴然でした。

ただ行動記録が適当であったり、隔離中の連絡が無いのは良いのか、少し不安に感じます。

行動記録は「必ずRapid testしてね」と注意喚起程度はできると思います。

また私はフラットメイトがいるので何かあれば助けてもらえますが、例えば一人暮らしの老人の場合、症状が悪化すると救急車呼べず、、、という事態が起こりうると感じました。

 

各国の考え方や文化、人数などあるので、それぞれの国に適したプロセスを踏めていたら良いなと思います。

 

コロナ感染しました

昨年12月26日に陽性になりました。

今はほぼ完治し、陰性になっています。

 

症状は人によって違うので、この記事が参考になるか分かりません。

そのため、あくまで参考程度にしてもらいたく、また備忘録として書いていくことにします。

f:id:Manny-san:20220112054118j:plain



12/20

フラットメイトが感染確認。

バスルームやリビングは共用で、前日まで話していたので既に自分も感染している可能性がありました。

フラットメイトから感染したか分かりませんが、直前まで課題に追われていて部屋にこもっていたので、可能性が高いと感じました。

この日から毎日rapid testを受けました。(薬局などで無料で手に入り、30秒~1分で陽性・陰性の結果が出ます)

 

12/23

喉に違和感

水をいくら飲んでも喉が渇く状態が24時間続いていました。

部屋が乾燥しすぎていると思い、加湿器を炊きました。

今振り返ると、これが初期症状でした。本当に風邪と変わらないです。

熱はありませんでした。

 

12/24-25

同じく喉に違和感

症状は喉の痛みのみでしたが、陰性でした。

 

12/26【陽性1日目】

Rapid testにより、陽性確認

その日のお昼にPCR testを受けました。

次の日の朝に結果が出、陽性でした。

 

症状は、まず喉の痛みが進行し、ハスキーボイスでした。

固形物は食べられず、水でも痛かったです。

少しでも栄養をとるために、昼・夜はりんごジュースしか飲めませんでした。

午後は、眠気と倦怠感と頭痛がありました。

ストレスによる症状かもしれないので、全てがコロナ感染の症状とは言い切れません。

 

12/27【陽性2日目】

喉の痛みはまだあり、スープは2-3口くらいしか食べられず・・・

鼻水は滝のように出てきました。風邪の時よりひどく、一日中止まりませんでした。

あと、一番つらかったのはくしゃみ

5-10分に一度、鼻がむずむずしてくしゃみが出そうになるのですが、その7割はくしゃみが出ません😂くしゃみが出ないのがずっと続くの、辛かったです。

熱はありませんが、頭痛と倦怠感がありました。

 

12/28【陽性3日目】

前日と変わらず、喉の痛みと鼻水は続いていました。

頭痛と倦怠感は無くなりました。

寝る時はが止まりませんでした。

 

12/29【陽性4日目】

なぜか、鼻水の量が減りました!

ただ喉の痛みは続いており、出せる声の範囲も狭かったです。

音階を歌ってみたところ、ドレミファソラシの1オクターブ分しか出ませんでした

こんなに出ないとは・・・

も続いてました。

 

12/30【陽性5日目】

前日と変わらず、少しの鼻水と咳が出る程度です。

出る声の範囲も変わりませんでした。

 

12/31【陽性6日目】

出る声の範囲が広がりました。

鼻声ですが、鼻水の量は減りました。

は変わらず出ます。

 

1/1【陽性7日目】

少しは出ますが、喉の調子が良くなりました!

声も元の声になってきました。

 

1/2

家でRapid testを受けたところ、陰性でした!

はまだ出てるので、家で安静してました。

 

1/3

込むことがあるので、外出はしませんでした。

 

1/4

ほぼ咳込むことがなくなりました!

約2週間ぶりに外出して近所を散歩しました。

体力の衰えを感じる。。。

 

1/5

この日からようやく、少しずつ固形物を食べられるようになりました。

 

以上の流れでした。

初期症状:のどの痛み

最中の症状:のどの痛み、頭痛、倦怠感、鼻水、咳

熱は一切出ませんでした。

 

実はこの隔離期間はスープしか食べられず、結果3kg近く減りました

お菓子も無理だったんで😂

健康的なやせ方ではないので、体調が戻った今、順調に体重が増えてます😂

今はたまにが出ますが、頭痛や倦怠感も無く、健康です。

ワクチンを打ってなかったらもっと症状がひどかったんでしょうか。ワクチンに感謝です!

 

コロナ感染の過程において、日本との違いがあったので、次回紹介しようと思います。

では!

大学院決めで気を付けたこと

前回(2か月前)ではPre-masterコースについての記事を書きました。

 

manny-san.hatenablog.com

 

Pre-masterコースの2学期から大学院決めを始めました。

どうやって考えたか、記憶を辿りながら書いていこうと思います。

 

学ぶ分野

留学すると決めた時にビジネス関係をもっと学ぶことは決めていたのですが、

特に何の内容を中心に学ぶかを決めかねていました。(例:金融・マーケティング・人事)

➡私は「国際ビジネス」に興味があるため、国際関係に力を入れている大学院を探すことにしました。

 

場所

元々、イギリスの中ではどこでもいいと考えていました。

しかしイギリス内にはたくさんの大学があるため、もっと選択肢を絞るためにも地域を決めようと思いました。

➡都会・田舎と大きく分けて、都会を選択しました。

当時はアジアンヘイトがあり、実際に事件もあったため、留学生など多国籍の人が多い地域、つまり「都会」を希望しました。

 

授業内容やコンセプト

それぞれの大学院を調べると、様々な特徴があります。

起業者を育てる大学院、コンサルタントを育てる大学院、金融に強い大学院。

➡最初に話したように、国際関係に力を入れている大学院を希望したので、それぞれの授業内容やコンセプトなどを調べて、洗濯しを絞っていきました。

 

ランキング

大学院のランキングを重要視する人もいます。

私は背伸びせずに、確実に自分に合う大学院を選ぶことを芯に持っていたため、ランキングはあまり気にしませんでした。

正直イギリスは公立・国立が多いため、生徒や先生は違えど、授業カリキュラムに差はそこまでないとイギリス人スタッフ(Pre-master)から聞いていました。

もし合格を複数の大学院からもらった場合はランキングで決めてもいいかな、と思いました。

 

評判

大学院の評判も調べました。口コミも含み、教授やカリキュラム、設備などそれぞれの点が評価されます。

「○○ University reputation」と調べてもいいですが、私はたまにThe Student Roomも見ていました。

www.thestudentroom.co.uk

絶対これがいいわけではなく、あくまで一例です。

ほとんどの口コミは大学(bachelor)ですが、そちらも見てました。

というのも、同じ分野であれば大学も大学院も似た評価になると思ったからです。

 

 

以上の点を重視しながら、大学院を決めました。

まとめると、以下になります。

・学ぶ分野

・場所

・授業内容やコンセプト

・ランキング

・評判

 

他にも、スタッフの対応とかで決める手もありますが、私はそこは決め手に入らなかったので、今回は含みませんでした。

 

 

日本時間ではもうすぐ2022年ですね!

今年1年間、頻度が少ないながらもブログを読んでくださってありがとうございます。

来年も引き続きブログを更新し続けますので、宜しくお願い致します。

 

良いお年を!😊

課題終わりました!!!

お久しぶりです!

 

ようやく課題が終わり、休暇に入りました😆

課題を調べてレポートを書き続けるこの一ヶ月は今までで一番長く感じました。

また、今までで一番頭を使いました。

 

課題が終わってから3日間ほど伸び伸びし、この日記を書いてます。

今日からブログを再開します😊

 

とりあえず良いクリスマスを🎄🎅❄

 

PS

↓最近手に入れた日本食品😄

f:id:Manny-san:20211224093646j:plain

 

3週間休みます

こんにちは。

 

タイトルにもあるように、日記を今日から3週間休みます。

 

更新が不定期なのに今更かよ、って思うかもしれませんが・・・

 

 

12月提出の課題に向けて動いているのですが、とても難しく苦戦しています。

例えば自分が専門職やリーダー/社長として考えたレポートなどがあり、1か月前に初めても間に合うか焦っている状況です。(計3科目)

 

ブログはいつも丁寧に書くように心がけているため、数分では書けません。

その方針は今のところ崩したくないので、今回はブログを一切更新せず、課題提出が完了したら、ブログの更新を再開します。

 

ちなみにブログ更新の際はTwitterにアップしてますので、良ければご覧ください。

twitter.com

 

ではまた3週間後にお会いしましょう😺